日経225先物・オプションを初心者にわかりやすく解説。おすすめの人気証券会社も紹介!

基礎知識

日経225オプションとは

現在の日本におけるオプション取引は
そのほとんどが「日経225」を指す言葉になってきた...そう言っても過言でないぐらい、
日経225オプション取引は浸透しているのではないでしょうか?

では日経225オプション取引とは一体何なのでしょう?
一言で言うと、権利を売買する取引であると言えます。

これから先の価格の上下を予見して権利の売買を行うことで結果によっては
多額の収益を上げる事が出来ます。また、同時に損失を出すこともあります。
いわいる、ハイリータン、ハイリスクの取引です。

もちろん原資産である日経平均株価の数値を自身で読み解く事が大前提になりますが、
それも理解さえ出来ればとても簡単です。

また原資産価格が大きく変動すれば、オプションの転売を繰り返すことで
リターンが狙えます。

この様に日経225オプションの魅力は、
ハイリターンを可能にするシステムである事が挙げられます。

またその他のオプションや、オプションと先物を絡めることによって
投資家一人一人の戦略性にマッチした投資プランを立てられるのも魅力の一つです。

先物との一番の違いはその売買する対象です。
日経225先物取引の場合は、期日に定められた価格で売買を約束するという取引を行いますが、日経225オプションの場合は、期日に定められた価格で売買をする権利自体を取引します。

権利のみの取引のため購入の義務がないのが特徴です

また日経225オプションの場合は損失の膨らみを固めながら、
利益を追い求めることができるのと同時に、
レバレッジを高く取れば、大きな利益を求めることができます。
オールラウンドな資産形成に適しています。

もちろんその分リスクも大きくなるので、一義的に話を進めることはできませんが、
違いを知り情報を深めれば、日経225オプションを利用することで投資の幅が広がることは間違いないでしょう。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0