日経225先物・オプションを初心者にわかりやすく解説。おすすめの人気証券会社も紹介!

日経225オプションとの違い

近年オプション取引が盛んに行われていますが、
その中でも特に人気が高いのが、日経225オプション取引です。
大証にも上場されていて今やデリバリティブ(金融派生商品)の中では、
日経225先物取引と並び人気を誇っています。

日経225オプションと日経225先物との違いを理解しておけば、
自身の新たな収入口として取って変わるかもしれませんので、
違いを説明したいと思います。

先物との一番の違いはその売買する対象です。

日経225先物取引の場合は、期日に定められた価格で売買を約束する
という取引を行いますが、
日経225オプションの場合は、期日に定められた価格で売買をする権利自体を取引します。

権利のみの取引のため購入の義務がないのが特徴です。

また日経225オプションの場合は損失の膨らみを固めながら、
利益を追い求めることができるのと同時に、
レバレッジを高く取れば、大きな利益を求めることができます。
オールラウンドな資産形成に適しています。

もちろんその分リスクも大きくなるので、一義的に話を進めることはできませんが、
違いを知り情報を深めれば、日経225オプションを利用したいと、
いう気持ちが沸いてくるその手助けになれば幸いです。

関連記事

  1. シンガポール取引所のSGXとは?
  2. シカゴ取引所(CME)取引できる証券会社
  3. TOPIX先物が可能な証券会社
  4. 日経225システムトレードがある証券会社
  5. 税金は?
  6. リスクヘッジとしての有効活用
  7. 損益を理解して、損を減らし利益を積もう
  8. SQを理解して投資に生かす
  9. 限月
  10. マージンコール
  11. SPAN証拠金
  12. レバレッジ
  13. イブニングセッション
  14. 注文方法
  15. 日経225先物とminiとの違い
  16. 日経225とは?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日経225オプションとの違い

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://up-japan.net/mtos/mt-tb.cgi/23

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0