日経225先物・オプションを初心者にわかりやすく解説。おすすめの人気証券会社も紹介!

日経225先物とminiとの違い

日経225先物とminiとの違い、皆さんはどの程度までご存知でしょうか?
一般的に、日経225先物取引はこのラージのことを呼びます。
ラージは1000倍の取引倍率という設定になります。
つまり10円の変動で1万円の損益が生まれます。
数字だけを見ると魅力的ではありますが、その分損も大きく膨らむリスクがあるということです。

ではminiの場合はどうでしょうか?
日経225先物‎取引(ラージ)は取引倍率1000倍と話しましたが、
こちらのminiの方は100倍となっています。
その他、呼値(5円)、限月(2限月)、証拠金、手数料などが、ラージの10分の1程度に収まっています。

こういった点から見ても扱いやすさは特徴としてでていますね。
また10分の1というのは利益も損失もラージに比べて10分の1になり、
初心者でもスタートをしやすいと印象を受けます。

先物取引をスタートさせて家計を助けたい、
でも今現在大きなお金を工面する事が出来ない...という様な、
主婦の方々等から大きく支持されているのも頷けますね。

この様に日経225先物とminiの違いを理解しておけば、
銘柄ごとにラージがいいのか、miniがいいのかの判断が、容易になるのではないでしょうか?

関連記事

  1. シンガポール取引所のSGXとは?
  2. シカゴ取引所(CME)取引できる証券会社
  3. TOPIX先物が可能な証券会社
  4. 日経225オプションとの違い
  5. 日経225システムトレードがある証券会社
  6. 税金は?
  7. リスクヘッジとしての有効活用
  8. 損益を理解して、損を減らし利益を積もう
  9. SQを理解して投資に生かす
  10. 限月
  11. マージンコール
  12. SPAN証拠金
  13. レバレッジ
  14. イブニングセッション
  15. 注文方法
  16. 日経225とは?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日経225先物とminiとの違い

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://up-japan.net/mtos/mt-tb.cgi/3

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0