日経225先物・オプションを初心者にわかりやすく解説。おすすめの人気証券会社も紹介!

DMM.comのCFD取引は、取引銘柄が多い!


DMMのCFD厳選のはじめてでも簡単7銘柄

■株価指数CFD 4銘柄
日本225種株式指数 JPN225/JPY
ナスダック100指数 NDQ/USD
ダウ工業株30種平均 USDJ30/USD
SPX500  SPX500/USD


■商品CFD 3種類
金/米ドル
銀/米ドル
原油/米ドル

近年マルチな活躍を見せているDMM.comですが、
証券会社としての側面があることを忘れてはいけません。

DMM証券として今や飛ぶ鳥を落とす勢いのDMM.comですが、
その特徴は海外株の取引銘柄の多さでしょう。
主要8カ国から4000銘柄を扱うその量は圧巻です


ただ、まだ国内株の取り扱いはなく、また債券も5銘柄と少ないですが、
所謂saxo系ツールと呼ばれるトレードツールを提供していることが加味され、
人気のCFD証券会社の一つになりました

レバレッジは20倍までですが、ダブルレバレッジを使えば、
その倍の40倍のレバレッジまでかけることが可能になり、
ハイリターンを求める人にも人気があります。

ただ様々な銘柄を自由に選択し投資を行う海外投資家にとっては、
DMM.comはかゆいところに手が届く...とはまだ言い難いため、
ハイリターンを狙う場所として利用するに留まっている人も多いです。

一般人に対してのネームバリューはとても高いので、
ここを改善すれば爆発的な人気が出る可能性のある証券会社のため、
DMM.comからまだまだ目が離せない状況です。


DMM CFDの<無料>資料請求・口座開設はこちら

関連記事

  1. SBI証券のCFD取引
  2. ひまわり証券のCFD
  3. 日経225CFDならIGマーケッツ証券(旧FXオンラインジャパン)
  4. CFD日経225先物と日経先物との違い
  5. CFDで日経225取引!
  6. 日経225先物より低リスク!CFD取引も視野に入れよう

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: DMM.comのCFD取引は、取引銘柄が多い!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://up-japan.net/mtos/mt-tb.cgi/32

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0