日経225先物・オプションを初心者にわかりやすく解説。おすすめの人気証券会社も紹介!

リスクヘッジとしての有効活用

リスクを回避することを通称リスクヘッジと言いますが、
個人投資家に対しても門が開けて入りやすくなってきて以来、
リスクヘッジを日経225先物取引行うという場面が、
徐々にではありますが着実に増えてきました。

特に現物株を持っている方は利用しやすいですね。


例えば、先の相場は下がると予測が立ったなら、先物を売り、
リスクヘッジを行いますが、
ここではより少ない証拠金額である事も見逃せません。

また先物取引は、取引する物に対する自身の価値観によっては
大きくリスクヘッジを生む要素があり、そういった面では
必要不可欠な先物を予め自身が決めておいた値で、
購入をすることができる先物取引は十分ヘッジとして使えると言えます。

安定的な経営を生む可能性があるのも魅力的ですが、
その性質上、結果がすぐにわかるものではく、
また保持し続けることにより、必ず先があるというものでもないため、
計画的に先の見通しを立てているならば、大きく利益を生み、
損害を最小限に減らしてくれるかもしれません。

関連記事

  1. シンガポール取引所のSGXとは?
  2. シカゴ取引所(CME)取引できる証券会社
  3. TOPIX先物が可能な証券会社
  4. 日経225オプションとの違い
  5. 日経225システムトレードがある証券会社
  6. 税金は?
  7. 損益を理解して、損を減らし利益を積もう
  8. SQを理解して投資に生かす
  9. 限月
  10. マージンコール
  11. SPAN証拠金
  12. レバレッジ
  13. イブニングセッション
  14. 注文方法
  15. 日経225先物とminiとの違い
  16. 日経225とは?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: リスクヘッジとしての有効活用

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://up-japan.net/mtos/mt-tb.cgi/19

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0