日経225先物・オプションを初心者にわかりやすく解説。おすすめの人気証券会社も紹介!

税金は?

日経225を利用して儲けたお金には、当然のように税金がかかってきます。
日経225の税金は、本業の所得とは別に、差し引かれる決まりになっています。

ちなみにこのお金と言うのは、自分自身が先物取引で儲けた後、
その取引手数料や消費税を差し引いた、純然たる自身のお金に税金がかかります。

日経225の税率は20%となり、所得税として15%、そして地方税が5%という値段になっており、
これらの数字は一目見ただけでは理解しづらいですが、とても大きな数字です。

単純に100万円程度の儲けがあった場合に、実際に手元に残るのは80万円というのですから、何だか切ないものです。

しかし、これは損害が出た場合には控除にあたり、
額が大きく控除しきれない場合については、
翌年から3年の間に限りますが控除を受けることが、可能になります。

どちらにしても税金は払っておかないと、
いい面でも悪い面でも待遇を受けられないのはもとより、
立派な脱税行為になりますので、これから先物取引を行う人も注意が必要ですね。

関連記事

  1. シンガポール取引所のSGXとは?
  2. シカゴ取引所(CME)取引できる証券会社
  3. TOPIX先物が可能な証券会社
  4. 日経225オプションとの違い
  5. 日経225システムトレードがある証券会社
  6. リスクヘッジとしての有効活用
  7. 損益を理解して、損を減らし利益を積もう
  8. SQを理解して投資に生かす
  9. 限月
  10. マージンコール
  11. SPAN証拠金
  12. レバレッジ
  13. イブニングセッション
  14. 注文方法
  15. 日経225先物とminiとの違い
  16. 日経225とは?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 税金は?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://up-japan.net/mtos/mt-tb.cgi/21

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0