日経225先物・オプションを初心者にわかりやすく解説。おすすめの人気証券会社も紹介!

シカゴ取引所(CME)取引できる証券会社

シカゴ・マーカンタイル取引所CMEという言葉を聞いたことがある。
と言う人はきっと先物取引経験者か、オプション取引経験者ではないか、と思います。

一般的には聞きなじみのない言葉ですが、
先物取引においてはその取引量で世界最大を誇り、その規模ゆえに国内の投資家が注目する市場として君臨しています。

またシカゴ・マーカンタイル取引所はそのイニシャルを取り、
「Chicago Mercantile Exchange」通称CMEと呼ばれています。

主に扱う商品は、先物取引、オプション取引で、主に、金利、株価指数、為替、畜産物、不動産、天候デリバリティブ、を扱ており、アグレッシブに他国の金融先物も扱っており、まさに先物市場の総本山と言ったところです。

『GLOBEX』と呼ばれる先物取引を24時間取引可能にする、
システムの導入によりCME先物は今では、オールタイムで取り扱いがされています。

自身の投資術を次のステップへ駒を進めるつもりなのであれば、
このシカゴ・マーカンタイル取引所を(CME)を利用することによって、ほぼ全世界分と言ってもいいほどの量の先物情報との対峙をし、
それが新しい投資知識を増やすことは言うまでもないですね。


現在、シカゴ取引所(CME)はカブドットコム証券を通じて取引することが可能です。

関連記事

  1. シンガポール取引所のSGX 証券会社
  2. TOPIX先物が可能な証券会社
  3. 日経225オプションとの違い
  4. 日経225システムトレードがある証券会社
  5. 税金は?
  6. リスクヘッジとしての有効活用
  7. 損益を理解して、損を減らし利益を積もう
  8. SQを理解して投資に生かす
  9. 限月
  10. マージンコール
  11. SPAN証拠金
  12. レバレッジ
  13. イブニングセッション
  14. 注文方法
  15. 日経225先物とminiとの違い
  16. 日経225とは?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: シカゴ取引所(CME)取引できる証券会社

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://up-japan.net/mtos/mt-tb.cgi/25

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0