日経225先物・オプションを初心者にわかりやすく解説。おすすめの人気証券会社も紹介!

シンガポール取引所のSGX 証券会社

SGXという言葉をご存知でしょうか?
シンガポールに二つあった取引所が1999年に合併して出来た、
シンガポール最大の総合取引所の名称です。

今は世界最大の先物取引所として名高いCME(シカゴ取引所)と、
まったく同一の制度と規則を導入したことによって、
CMEとSGXとの間で相互決済が可能になった事により、
両者共に融和した複合取引が可能になりました。

SGXで特筆すべきは扱う商品の量です。
株式、債券などに代表される現物商品、金利先物やオプション取引や
株式指数先物とその他デリバリティブ商品、金や投資信託、石油関連、ゴム、
貴金属などの商品先物、更には日経225先物やそのオプション商品も上場しており、
バリエーションは随一と言っても過言ではありません。

アジア各国に様々な影響力を持っていて、
今ではアジア各国の重要な市場と欧米諸国の市場を繋ぐ、
パイプラインとしての顔も持ち合わせています。

日本と同じくSGXも毎日絶え間なく市場は動き続けているので、
海外商品に興味がある方や、先物取引における次のステップとして、
このSGX、シンガポール取引所を足がかりにしてみてはどうでしょうか?

SGX日経225が可能な証券会社は、
楽天証券です。

関連記事

  1. シカゴ取引所(CME)取引できる証券会社
  2. TOPIX先物が可能な証券会社
  3. 日経225オプションとの違い
  4. 日経225システムトレードがある証券会社
  5. 税金は?
  6. リスクヘッジとしての有効活用
  7. 損益を理解して、損を減らし利益を積もう
  8. SQを理解して投資に生かす
  9. 限月
  10. マージンコール
  11. SPAN証拠金
  12. レバレッジ
  13. イブニングセッション
  14. 注文方法
  15. 日経225先物とminiとの違い
  16. 日経225とは?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: シンガポール取引所のSGX 証券会社

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://up-japan.net/mtos/mt-tb.cgi/26

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0