日経225先物・オプションを初心者にわかりやすく解説。おすすめの人気証券会社も紹介!

ひまわり証券のCFD

潜在的に、CFDに挑戦しようと思っている人は、
かなりの数がいると思うのですが、
実際にCFDを利用して世界中の銘柄を取引している...
と言う人は少ないのではないでしょうか?

その理由の一つに、証券会社がCFDに対応をしていない、
というところも多く見られ、またCFDに対応をしていても、
取引をしたい国の株価指数に対応していないなどと、色々と不備が多いものです。

しかし、ひまわり証券は現在世界主要都市の主要株価指数である、
17銘柄の取引を可能にしていて、必要証拠金率も個人なら一律10%、法人なら一律5%となっており、そのスペックの高さは折り紙つきです。

ひまわり証券では取引手数料は0円
最低手数料は発生しない形態を取っていることも、
好感が持てます。

ただ、スプレッドは固定ではないために、その都度相場状況により、
伸縮をする仕組みのために注意が必要ですが、
これから先長い投資生活になることを考えるのなら、
このひまわり証券を一つの基準として持っておくと、
他の証券会社を検討するうえでも基準になって、
わかりやすいのではないでしょうか?


関連記事

  1. SBI証券のCFD取引
  2. DMM.comのCFD取引は、取引銘柄が多い!
  3. 日経225CFDならIGマーケッツ証券(旧FXオンラインジャパン)
  4. CFD日経225先物と日経先物との違い
  5. CFDで日経225取引!
  6. 日経225先物より低リスク!CFD取引も視野に入れよう

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ひまわり証券のCFD

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://up-japan.net/mtos/mt-tb.cgi/31

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0