日経225先物・オプションを初心者にわかりやすく解説。おすすめの人気証券会社も紹介!

マージンコール

追い証のことを英国ではマージンコールと呼ぶことから、
近年の日本でもこのマージンコールという言葉を聞く機会が多くなりました。

それではこのマージンコールとは一体どういうことなのか、
を説明すると、株、債権、その他金融商品の信用取引などにおいて、
相場変動により、委託保証金が目減りし不足してしまった場合に、
その委託保証金自体の増額をすることや、その増額要請を行う事を
マージンコールと言います。

固い言葉で綴りましたが、要はこのままでは証拠金が足りないため、
現在のポジションを維持することが困難になり、
証券会社や取引業者などから証拠金の追加か、
ポジションの解消の連絡がメールなどで来る事です。

大体の場合証拠金が評価損で50%以上に及んだときに、
証券会社か取引業者からマージンコールが発生します。

レバレッジの高い取引業者を利用する場合は、その性質上マージンコールが起きやすいために、
資金的に余裕がある状態で取引を行う事が重要です。

関連記事

  1. シンガポール取引所のSGXとは?
  2. シカゴ取引所(CME)取引できる証券会社
  3. TOPIX先物が可能な証券会社
  4. 日経225オプションとの違い
  5. 日経225システムトレードがある証券会社
  6. 税金は?
  7. リスクヘッジとしての有効活用
  8. 損益を理解して、損を減らし利益を積もう
  9. SQを理解して投資に生かす
  10. 限月
  11. SPAN証拠金
  12. レバレッジ
  13. イブニングセッション
  14. 注文方法
  15. 日経225先物とminiとの違い
  16. 日経225とは?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: マージンコール

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://up-japan.net/mtos/mt-tb.cgi/15

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0