日経225先物・オプションを初心者にわかりやすく解説。おすすめの人気証券会社も紹介!

限月

オプション取引や先物取引をこれから始める方で、必ず知っておいて欲しいのが、「限月」です。
株式、債券の勉強を進める上でも必ず必要になる知識のため、覚えておきましょう。

と言っても難しいものでは全くありません。
要はオプション取引や先物取引の期限が満了となる月のことで、取引期限の月のこと指します。

日本のオプション取引の場合は毎月が限月となり、先物取引の場合は、
株式、債券、両方とも、3、6、9、12月が限月と定められています。

先物取引においては、このように取引の期限が違っている取引が、
常に同時進行で売買が行われています。

さらにその中でも最も期限日が近い限月の事を、当限といって、更に取引が集中する場になります。

当限の売り立てや買い建ては最終決済日に効力をなくします。
その為この期限を乗り越えることをロールオーバーと呼びます。

この当限をプラスでロールオーバーをすることが、初心者投資家の一つのハードルでもあるのです。

関連記事

  1. シンガポール取引所のSGXとは?
  2. シカゴ取引所(CME)取引できる証券会社
  3. TOPIX先物が可能な証券会社
  4. 日経225オプションとの違い
  5. 日経225システムトレードがある証券会社
  6. 税金は?
  7. リスクヘッジとしての有効活用
  8. 損益を理解して、損を減らし利益を積もう
  9. SQを理解して投資に生かす
  10. マージンコール
  11. SPAN証拠金
  12. レバレッジ
  13. イブニングセッション
  14. 注文方法
  15. 日経225先物とminiとの違い
  16. 日経225とは?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 限月

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://up-japan.net/mtos/mt-tb.cgi/16

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0