日経225先物・オプションを初心者にわかりやすく解説。おすすめの人気証券会社も紹介!

損益を理解して、損を減らし利益を積もう

損益の仕組みを理解して初めてそのビジネスの、
一番の旨みある部分が見えてくるものです。

特に限月がある先物取引においては、損益の仕組みを理解していないと、
あの時こうしていたら...と、頭を悩ませる事になりかねません。

では利益を出すのはどうするのでしょう?
まず、転売をして稼ぎます。先の値が上がると予想を立て、
先物を購入後、購入した額以上の値で売ることです。
まさに転売ですね。

この逆で、値が下がると予想を立てて売るという方法もあります。
この場合は、売った値段より下がった段階で買戻しを行うことで、
その差額により利益が生まれる仕組みです。

たった100円の値の上下が、1000倍の日経225先物では、
10万円の損益を生むため、大胆な行動をしすぎると
後々になって損失が莫大な額になっているといこともあります。

また初心者の方にはいきなり日経225先物から入るのではなく、
日経225miniなどから慣れていくといいでしょう。
こちらは100倍なので損が大きくなりすぎることはないでしょう。
(もちろん莫大な益が望めるとは言いがたいですが...)

何にしても儲けを出し続けていくには、
深く市場の脳裏を読み取るものでないといけないのです。

関連記事

  1. シンガポール取引所のSGXとは?
  2. シカゴ取引所(CME)取引できる証券会社
  3. TOPIX先物が可能な証券会社
  4. 日経225オプションとの違い
  5. 日経225システムトレードがある証券会社
  6. 税金は?
  7. リスクヘッジとしての有効活用
  8. SQを理解して投資に生かす
  9. 限月
  10. マージンコール
  11. SPAN証拠金
  12. レバレッジ
  13. イブニングセッション
  14. 注文方法
  15. 日経225先物とminiとの違い
  16. 日経225とは?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 損益を理解して、損を減らし利益を積もう

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://up-japan.net/mtos/mt-tb.cgi/18

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0