日経225先物・オプションを初心者にわかりやすく解説。おすすめの人気証券会社も紹介!

注文方法

株式の購入には注文が必要不可欠ですが、
一口に株式の注文と言っても様々な種類があります。
その都度注文方法を変えることによって、
より大きい利益を生み出すことが出来るかもしれません。
その為には注文方法を知ることから始めましょう。

成り行き注文

. いくらでもいいから売りたい、いくらでもいいから買いたい時は、 これをチョイスするといいでしょう、価格的に損をすることもありますが、 約定までのスピードが速いのが特徴です。

指値注文

成り行きとは逆に、自身が決めた値になるまでは、 売り買いが行われない注文方法、比較的に約定までは遅くなります。

ストップ注文

. 逆指値注文とも呼ばれ、決めた値段よりも高くなれば買いに、 または決めた値段よりも安くなったら売りとする注文方法です。 ロスカットを考えて行う場合や、値の上昇を予測し手を打っておくなど、 使い方にバリエーションがあります。

寄り付き注文

その日の最初に成立する売り買いの値での売買をする注文です。 場が大きく荒れるなどした場合は注意が必要な注文です。

OCO注文

二つの注文を出しておきどちらか一方が約定すれば、 もう一方がキャンセルになる注文方法で、指値注文と逆指値注文を、 同時に出す事が可能になり、投資家のロスカットor利益確定を、 助ける武器となる注文方法です。


GTC注文

FXの専門用語で、注文が約定されるか、
もしくは自身で注文をキャンセルするまで、注文内容が有効に働くという売り買い注文です。
つまり無期限に注文を続ける事が可能になります。

デイオーダー

注文を出した当日限りは有効になる注文方法です。 立会時間終了までに約定成さなかった場合は、キャンセル扱いになります。 デイトレーダーには必須の注文方法ですね。

と立て続けに説明をしましたが、注文方法だけでも、
これだけ沢山あります。一番自分に利益をもたらしてくれる
注文方法での約定を目指す事が、きめ細かい投資収入を可能にするのです。

関連記事

  1. シンガポール取引所のSGXとは?
  2. シカゴ取引所(CME)取引できる証券会社
  3. TOPIX先物が可能な証券会社
  4. 日経225オプションとの違い
  5. 日経225システムトレードがある証券会社
  6. 税金は?
  7. リスクヘッジとしての有効活用
  8. 損益を理解して、損を減らし利益を積もう
  9. SQを理解して投資に生かす
  10. 限月
  11. マージンコール
  12. SPAN証拠金
  13. レバレッジ
  14. イブニングセッション
  15. 日経225先物とminiとの違い
  16. 日経225とは?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 注文方法

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://up-japan.net/mtos/mt-tb.cgi/4

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0